吃音の主な治療は、以下のようなものです。 ・発声練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう) ・薬の服用 ・DAF装置の使用 ・自律訓練法 ・脳トレーニング(筋肉トレーニングや健康維持のためのエクササイズであれね、継続して行う必要があるでしょう) 発声練習は、発声発語器官の機能を向上させ、吃音を改善するといった治療法です。 また、抗不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)薬や選択的セロトニン再取り込み阻害薬といった薬を服用し、話すことへの不安を和らげるという治療法もあります。 それに、自分の声が遅れて聞こえるDAF装置と呼ばれる機械を使った治療法もありますが、その効果には個人差があり、機械の値段が高いと言った難点もあるため、あまり一般的ではありません。 自律訓練(警察官や消防署員など、特別な職業に就くために受けることも少なくありません)法は、話す時の緊張を緩和させ吃音を改善するために、自律神経(交感神経と副交感神経の二つに分けられます)の働きを整える訓練(警察官や消防署員など、特別な職業に就くために受けることも少なくありません)を行います。 そして、脳トレーニング(自分に合った方法を見つけることができれね、継続することもそれほど困難ではなくなるでしょう)とは、脳のトレーニングを行うことで、話す時の緊張・不安を緩和するという治療方法です。 一般的に、こういう方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)で、吃音を治療出来るだと言われているんです。 しかし、これらの治療をしたからといって、絶対に治るという訳ではありませんし、その人によって合う治療法・合わない治療法もあるでしょう。 まずは、自分に合った治療法をみつけて、ゆっくりと改善していくということを意識にして下さいねー